食品製造業で産業用ロボットを導入してできること

人件費の削減食品製造業では生産品目は幅広く、入れ替わりも激しいため、従来の自動化装置では対応できないことが多いです。 その点、産業用ロボットならアームを使って人と同様の作業ができ、また画像認識の精度向上や作業を柔軟に行う能力も向上してきてい…

産業用ロボットと協調ロボット・協働ロボットとの違い

ロボット本体の大きさ・重量協調ロボットや協働ロボットは、ロボット本体の大きさが小さく、従来の産業用ロボットと比べて重量も少ないことが多いです。小型なので万が一制御できない状態になったときも、周囲の人々に危害を及ぼすことが少ないという特徴が…

梱包ロボットを使う5つのメリット

作業員の安全確保梱包ロボットを導入することで、重い段ボールなどの梱包時に作業員が腰などを痛めるリスクを回避できます。 その結果、作業員の安全や健康が確保され、労働環境が改善することが期待できます。 省人化による人件費削減手作業でおこなってい…

塗装ロボットのメリット

労働環境の改善塗料が飛散する塗装工程は作業員にとって過酷な労働環境です。塗装ロボットを導入することによって人間にとって危険な作業を減らし、作業員の労働環境を改善することができます。 複雑な形状の塗装に対応塗装ロボットの多くは人の腕の動きに近…

円筒座標ロボットの導入事例

円筒座標ロボットは様々な製品に活用できます。その導入事例を確認していきます。 半導体ウェーハの搬送半導体ウェーハの製造工程では、微小なチリでさえも機能に悪影響を与えるため、搬送するロボットには高いクリーン度が求められます。 一体型ステッピン…

金属3Dプリンタのデメリット

造形方式に合わせたデザインや設定の知識が必要金属3Dプリンタを使いこなすには、デザインや設定に関する知識が必要です。知識がないまま金属3Dプリンタを使用すると、思ったような造形ができない可能性があります。造形方式によって実現できるデザインや最…

サービスロボットとの違い

ロボットの種類としては、前述の産業ロボットのほかに「サービスロボット」があります。サービスロボットは、人々の日常生活でさまざまなサービスを提供するロボットです。 産業用ロボットとサービスロボットの違いは、人間との距離です。 産業用ロボットは…

協働ロボットが導入されている理由

近年、さまざまな分野において協働ロボットの導入が進んでいます。なぜ協働ロボットが注目され、導入が増加しているのでしょうか。考えられる理由を2点ご紹介します。 PM型リニアステッピングモータ 柔軟性と使いやすさ、ティーチング負荷などの軽減従来の産…

金属造形の現状

金属造形の現状を解説します。 強度製作物の強度は、金属造形の重要ポイントです。2022年時点では、一般的な用途であれば従来製法と同等かそれ以上の強度を出せます。一方で疲労強度が従来製法より低く出る傾向にある事が今後の課題とされています。 金属造…

金属積層造形のメリット

多くの企業が金属積層造形に注目しています。金属積層造形のメリットを知り、自社の商品開発に活かしましょう。 形状の自由度が高い金属積層造形は、従来の金型などを用いた方式よりも複雑な形状を製作できます。形状の自由度が高いうえに、データを修正する…

DCモータのメリット

DCモータは、生活の中に多く普及しています。なぜDCモータが普及したのかを考えてみましょう。 電圧に対しての回転特性が安定DCモータで採用される直流電源の場合、常に一定方向で電気が流れている構造自体が単純なため、制御が容易です。そのため、電圧変化…

FDM方式(熱溶解積層方式)と光造形方式の違い

造形方法造形方法に関しては、FDM方式では素材を熱で溶かし、それを積み上げ造形する。 光造形方式では、素材を光で照射して素材を固形化させてそれを積み上げ造形するという明確な違いがあります。 寸法精度の違いFDM方式と光造形方式では造形する際の寸法…

アクセサリーを3Dプリンターで作るメリット

アクセサリー作りは、ハンドメイドや外注などの方法でも行えます。さまざまな方法がありますが、3Dプリンターでアクセサリーを作ると次のようなメリットがあります。 誰でも簡単にアクセサリーが作れる3Dプリンターでアクセサリーを作る方法は簡単です。シル…

3Dフードプリンターのメリット

食品の自由度の向上3Dフードプリンターは、樹脂造形などを行う従来の3Dプリンターと同じように、複数の材料を使って立体的に積層を行うなどして、自由度の高い食品を製造できます。 チョコレート細工のようにデザイン性も重視したスイーツを作る場合でも、3D…

フィギュア制作に必要な3Dデータの作り方

ここでは3Dデータを用意するための方法について解説します。 フィギュアを3Dプリントするには、元データとなる3Dデータを用意しなければなりません。しかしデータの作り方などによっては、あまり時間をかけずに用意することが可能です。 防水クローズドルー…

3Dプリンター用データの作成方法

3Dプリンター用データの作成方法は、「3DCAD」 「3DCG」 「3DSCAN」の3つがあります。 一体型イージーサーボモータブラシレスDCサーボモーター 3DCAD3DCAD(3次元コンピュータ支援設計)は、建築設計や工具の試作品設計などの製造現場で利用されているソフト…

サポート材が必要になる形状とは?

サポート材は3Dプリンターでの造形時に必ず必要になるわけではなく、製品の形状によってはサポート材による支えがいらずモデル材だけで造形できる場合もあります。 ここでは、サポート材が必要になる形状を三つご紹介します。いずれかに該当する場合は、サポ…

シーケンス制御の仕組み

(1)フィードバック制御との違いフィードバック制御とは、設定した出力の目標値を達成するために、出力の結果と目標値とのズレの分をフィードバックしながら行う制御です。 イメージとしてはエアコンを想像するとわかりやすいです。 室温28度で25度に設定す…

3Dプリンターの使用方法

3Dプリンター本体を使用するためには、まずいくつかの工程を踏まなければいけません。上述したように、実際の“モノ”を形成するには設計図を引き、それをデータとして3Dプリンターに送らなければいけません。以下は3Dプリンターで造形物や製品を形成するまで…

3Dプリンターでの造形に必要なサポート部とは?

先ほどから、何度が登場している「サポート部」ですが、3Dプリンターで造形をするなら、サポート部については必ず理解しておく必要があります。 サポート部とは、簡単に言うと、3Dデータには存在しない、造形物が崩れたり倒れたりしないようにするための仮の…

3Dプリンター出力ができる生体適合性樹脂の種類

生体適合樹脂とは生体適合性樹脂は、生体(人体や動物)との適合性を持った樹脂です。主に医療用器具、食品生産ラインで使用する部品やトレーなどに使用されています。直接人体に埋め込まれる器具の素材になっていることもあります。 この記事では3Dプリンタ…

3Dプリンターの特性

3Dプリンターは立体的なものをデータから作れる画期的な技術ですが、どのような形でも作りあげられるわけではありません。作りたいものをイメージし、3Dプリンターの用途や特性を把握したうえでものづくりを進めましょう。 Nema 23 ステッピングモーター高精…

光造形3Dプリンターのデメリット

光造形3Dプリンターは多くのメリットを有している一方で、いくつかのデメリットもあります。 造形後の処理に手間がかかる光造形3Dプリンターでできた造形物は、いくつかの後処理が必要となります。 プリントしてすぐの造形物は、余分なレジンが付着している…

ロボット産業の展望と必要な技術革新

ここまで、ロボット市場の現状と、ロボットが求められる背景について見てきました。とりわけ製造現場では、今後もロボットの活躍が大いに期待されることでしょう。 そこで、次に、産業用ロボットが普及することで製造現場が具体的にどのように変化していくの…

業務用3Dプリンターを選ぶ上で重要な5つのポイント

さて、では具体的にどの業務用3Dプリンターを購入すべきなのか。その上で重要なポイントがいくつかある。 ①用途 まず何より、どのような用途で3Dプリンターを用いるのかを明確にしておく必要がある。たとえば試作品の出力が目的だとしても、形状確認程度の簡…

ギヤードモーターの種類--軸配置と軸種類による分類

ギヤードモーターを軸配置により分類をすると、平行軸タイプと直交軸タイプに分かれます。平行軸タイプは、モータの軸方向と減速機部の軸(出力軸)が平行(同じ向き)になっています。 中空ステッピングモータ 最も一般的なギヤードモーターのひとつで、現…

モータの用語を知ろう! 電気関係

電流の実効値と定格電流○電流と実効値電流とは、電子などの電荷の移動です。電流には、強さが時間的に変わらない定常電流と、変化する非定常電流とがあり、交流電流は非定常電流です。交流の電流値は、正弦波のピーク(最大値)ではなく、瞬間値の2乗の平均…

協働ロボット適用事例

協働ロボットがどのような工場や生産現場で使用されているのか、事例をご紹介します。 装置内・装置間搬送●人と同じ空間内で部品搬送が可能 ●装置間のスペースを見つけて必要な場所に設置することができる ブラシレスDCモータ 部品整列・箱詰め●安定した作業…

製造業における3Dプリンターの活用例

活用例①:試作の繰り返しができる3Dプリンターを活用すれば、試作の繰り返しが可能です。 そもそも3Dプリンターは造形データさえ作成すれば、手間をかけずに造形することができます。試しに造形した製品を使ってみて問題があれば、データを微調整して再度造…

FDM方式(熱溶解積層方式)と光造形方式の違い

1. 造形方法造形方法に関しては、FDM方式では素材を熱で溶かし、それを積み上げ造形する。 光造形方式では、素材を光で照射して素材を固形化させてそれを積み上げ造形するという明確な違いがあります。 2.寸法精度の違いFDM方式と光造形方式では造形する際の…